※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

ポン・ジュノ監督&ソン・ガンホが「パラサイト」舞台化にメッセージ「至極の喜び」

『パラサイト 半地下の家族』より、ポン・ジュノ監督、ソン・ガンホからコメントが到着した。

最新ニュース スクープ
注目記事
ポン・ジュノ
ポン・ジュノ
  • ポン・ジュノ
  • ポン・ジュノ©Cine21
  • ソン・ガンホ
  • THEATER MILANO-Zaオープニングシリーズ/COCOON PRODUCTION 2023「パラサイト」(C) 2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED
  • THEATER MILANO-Zaオープニングシリーズ/COCOON PRODUCTION 2023「パラサイト」(C) 2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED
  • THEATER MILANO-Zaオープニングシリーズ/COCOON PRODUCTION 2023「パラサイト」(C) 2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED
  • THEATER MILANO-Zaオープニングシリーズ/COCOON PRODUCTION 2023「パラサイト」(C) 2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED
  • THEATER MILANO-Zaオープニングシリーズ/COCOON PRODUCTION 2023「パラサイト」(C) 2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

舞台「パラサイト」の原作となる映画『パラサイト 半地下の家族』より、ポン・ジュノ監督、ソン・ガンホからコメントが到着した。

『愛を乞うひと』『焼肉ドラゴン』の鄭義信が台本・演出を務め、90年代の関西に舞台を移した本作は、堤防の下にあるトタン屋根の集落に暮らす、家内手工業の靴作りで生計を立てる金田一家と、高台にある豪邸に住む永井一家の物語。古田新太、宮沢氷魚、伊藤沙莉、江口のりこ、キムラ緑子、みのすけ、山内圭哉、恒松祐里、真木よう子らが出演する。

今回の舞台化にあたり、『パラサイト 半地下の家族』で第92回アカデミー賞監督賞・脚本賞を受賞したポン・ジュノ監督は「とても嬉しく、楽しみです」とコメント。「当初は戯曲として構想した作品です。俳優の生き生きとした眼差し、息遣い、そして汗を直に感じてもらえる舞台版『パラサイト』で、再び観客に出会えることは至極の喜びです。演出の鄭義信先生の長年のファンとして、傑作『焼肉ドラゴン』を観劇した際に、スタンディングオベーションで拍手を送った記憶が今も蘇ります。加えて、日本を代表する最高の製作陣と俳優たちが集結してくれたことに、私の期待は更に膨らんでいます」と語る。

ポン・ジュノ監督

また、裕福な家庭に次第に寄生していくキム一家の父親、キム・ギテクを演じたソン・ガンホは、「映画とは違う立体感や臨場感、そして舞台の圧倒的なエネルギーが期待されます。多くの観客の熱気に包まれる素晴らしい公演になることを切に願っています」とメッセージを寄せている。

ソン・ガンホ

なお、3月19日(日)12時よりMY Bunkamura、26日(日)11時よりレプロエンタテインメント先行チケット販売特設サイトにて主催者先行チケット販売がスタートする。

THEATER MILANO-Zaオープニングシリーズ/COCOON PRODUCTION 2023「パラサイト」は6月5日(月)~7月2日(日)THEATER MILANO-Za、7月7日(金)~17日(月・祝)大阪・新歌舞伎座にて上演。


《シネマカフェ編集部》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top