横浜流星×藤井道人、『青の帰り道』から『ヴィレッジ』まで2人の軌跡を語るスペシャル映像

現代日本が抱える闇をあぶり出す衝撃のサスペンス・エンターテインメント『ヴィレッジ』にて、主演の横浜流星と藤井道人監督が、お互いの出会いから映画『ヴィレッジ』が完成するまでの軌跡を語るスペシャル映像が公式YouTubeにて解禁された。

映画 邦画ニュース
『ヴィレッジ』vol.1「SOUL」(C)2023「ヴィレッジ」製作委員会
  • 『ヴィレッジ』vol.1「SOUL」(C)2023「ヴィレッジ」製作委員会
  • 『ヴィレッジ』(C)2023「ヴィレッジ」製作委員会
  • 『ヴィレッジ』©️2023「ヴィレッジ」製作委員会
  • 『ヴィレッジ』(C)2023「ヴィレッジ」製作委員会
  • 『ヴィレッジ』(C)2023「ヴィレッジ」製作委員会
  • 『ヴィレッジ』(C)2023「ヴィレッジ」製作委員会
  • 『ヴィレッジ』©️2023「ヴィレッジ」製作委員会
  • 『ヴィレッジ』©2023「ヴィレッジ」製作委員会

現代日本が抱える闇をあぶり出す衝撃のサスペンス・エンターテインメント『ヴィレッジ』にて、主演の横浜流星と藤井道人監督が、お互いの出会いから映画『ヴィレッジ』が完成するまでの軌跡を語るスペシャル映像が公式YouTubeにて解禁された。


>>『ヴィレッジ』あらすじ&キャストはこちらから

日本アカデミー賞優秀監督賞を受賞し、大ヒット作『余命10年』など多くの話題作を手掛ける藤井監督と、日本映画の変革者として絶えず注目作を世に贈り出してきた故・河村光庸プロデューサーの遺志と遺伝子を受け継いだスタジオ・スターサンズの制作チームが結集、主演の横浜さんが“いままでに観たことない横浜流星”として新境地を魅せている本作。

今回解禁となるのは、彼らの出会いから映画完成までの道のりを紡ぐ特別企画<700日のヴィレッジ>第1弾となるスペシャル映像コンテンツのvol.1「SOUL」。700日のヴィレッジでは、故・河村プロデューサーから藤井監督へのヘルプコールから始まり、映画完成、そして公開まで、多くの人を巻き込んでの長い道程【映画ヴィレッジという700日の人間ドラマ】を、複数回に渡り映画公式YouTubeで公開。

vol.1「SOUL」の映像では、2人が出会った当時をふり返りながら、それぞれの印象や現場での様子、そしてついに、オリジナル脚本で作り上げる物語の監督と主演俳優として現場に立った熱き想いを明かしている。

『全員、片想い』(16)という映画の打ち上げが初対面」と語り始める藤井監督に続き、「その後『青の帰り道』(18)という映画のオーディションがあったので、参加させていただいて。ご一緒できた、という感じです」と横浜さん。初めて出会った時の思い出をふり返る2人は互いに、“アスリート”、“義理堅い人”とそれぞれの印象を語り合いながら、映像内では彼らの言葉に呼応するかのように、映画『ヴィレッジ』の撮影現場を納めたメイキングシーンが次々と映し出されていく。

監督としても、俳優としてもお互いにまだ駆け出しだった頃からの付き合いで、互いに切磋琢磨しながらここまで上り詰めてきた2人が並び立ち、ディスカッションを交わしながら撮影に臨む姿は、まさに“戦友”と呼ぶに相応しい信頼感を感じさせ、それぞれが圧倒的な存在感を放っている。

脚本を監督が何度も練り直して、自分も意見を言わせてもらったりして。本当に愛を感じましたし、すごく気合が入りました」と本作の撮影に並々ならぬ想いを懸けたと語る横浜さんは、今回、撮影前にスタッフが行うロケハンから参加、通常ではあり得ない制作準備段階から作品作りに参加している。映像内では、藤井監督が自身のスマホで撮影したロケハン真っ最中の横浜さんの姿もあり、自然体な雰囲気で現場に馴染む姿も切り取られた。

横浜さん自身は「優の部屋とか、ごみ処理施設とか、大事な所が見れたので、そこの空気を実際に肌で感じて。大事なものだなと思いました」と自分の目でロケ地を見たことで、より一層、作品への想いが募り、優という役を演じるベースが整えられたことを明かしている。

熱き想いを携え、現場入りした横浜さんの姿を、藤井監督は「武士みたいなものです」と評している。「俳優が頑張る姿を見てスタッフも頑張るというのがすごい理想だと思うんです。(横浜さんに対し)あれだけ優が頑張っているんだから頑張ろう!という感じにさせてくれるストイックさがある」と主演俳優たる佇まいと風格を纏った横浜さんを称えると、横浜さんも「挑戦的で今までみたことのない作品になったという手応えは感じてます。渾身の一作になったと感じるので、すごく楽しみです」と力を込めて口にする。

今回の解禁された映像は映画公開に向けて、公式YouTubeで連載で発信していくスペシャル映像のvol.1「SOUL」。今後、本作が遺作の1つとなった河村プロデューサーの想いに迫る「SHINE」に続き「DARKNESS」「INSPIRE」など、テーマに沿って切り取られた製作秘話に迫るインタビュー内容が続々と公開される予定。

『ヴィレッジ』は4月21日(金)より全国にて公開。


青の帰り道 [DVD]
¥3,523
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top