※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

アカデミー賞、長編アニメ映画賞の選考対象作品に『君たちはどう生きるか』『すずめの戸締まり』など日本5作品

映画芸術科学アカデミーは、第96回アカデミー賞授賞式における長編アニメ映画賞、国際長編映画賞の選考対象作品を発表した。

最新ニュース ゴシップ
注目記事
『君たちはどう生きるか』©2023 Studio Ghibli
  • 『君たちはどう生きるか』©2023 Studio Ghibli
  • 『君たちはどう生きるか』©2023 Studio Ghibli
  • 『君たちはどう生きるか』©2023 Studio Ghibli
  • 『すずめの戸締まり』©2022「すずめの戸締まり」製作委員会
  • 『すずめの戸締まり』©2022「すずめの戸締まり」製作委員会
  • 『すずめの戸締まり』©2022「すずめの戸締まり」製作委員会
  • 『THE FIRST SLAM DUNK』© I.T.PLANNING,INC.© 2022 THE FIRST SLAM DUNK Film Partners
  • 『THE FIRST SLAM DUNK』© I.T.PLANNING,INC.© 2022 THE FIRST SLAM DUNK Film Partners

映画芸術科学アカデミーは、第96回アカデミー賞授賞式における長編アニメ映画賞、国際長編映画賞の選考対象作品を発表した。

長編アニメ映画賞の選考対象となるのは33作品。日本からは宮崎駿監督の『君たちはどう生きるか』、井上雄彦監督の『THE FIRST SLAM DUNK』、立川譲監督の『BLUE GIANT』、原恵一監督の『かがみの孤城』、新海誠監督の『すずめの戸締まり』が選出されている。任天堂とイルミネーションが共同製作し、今年世界中で大ヒットした『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』も。

ほかには、『スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース』『マイ・エレメント』『ウィッシュ』などの作品が挙がっている。ここから最終的に5本がノミネート作品として絞られ、受賞作品が決定する。長編アニメ映画賞に出品された作品は、作品賞を含むほかの部門のアカデミー賞候補になる可能性もある。

昨年、長編アニメ映画賞の選考対象となったのは27作品で、受賞したのは『ギレルモ・デル・トロのピノッキオ』だった。

国際長編映画賞の選考対象として発表されたのは、日本の『PERFECT DAYS』(ヴィム・ヴェンダース監督)を含む88作品。こちらはノミネート投票に進むことになる15作品のショートリストが、今月21日に発表予定だ。



《賀来比呂美》

休日は猫とお酒と海外ドラマ♪ 賀来比呂美

大学で映画学を専攻、卒論のテーマに『ガタカ』を取り上げる。卒業後は映画やドラマのロケ地で有名なバンクーバーに留学し、街中に溶け込むベニチオ・デル・トロやアイス・キューブを見かけて大興奮。映画三昧の生活を送る。帰国後、数社を経て雑誌編集者として出版社に勤務。シニアの愛猫と過ごす時間を増やすべく、2016年からフリーランスライターに。執筆ジャンルは映画、音楽、ペットなど。人の話を聞くのが大好きで、俳優、ピアニスト、医師など数百名への取材経験あり。

+ 続きを読む

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top