※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

「ヴィジランテ」「ムービング」「セレブリティ」…2023年配信韓国ドラマ、イッキ見おすすめ8選

配信オリジナル作品にも力作が出揃う中、年始年末にイッキ見したい2023年に配信された韓国ドラマを8作品ピックアップ。

韓流・華流 コラム
注目記事

“2023年最高の韓国ドラマ”との呼び声も高く、アメリカのクリティクス・チョイス・アワードにノミネートされているディズニープラスの「ムービング」。同賞にノミネートされたNetflixシリーズ「ザ・グローリー~輝かしき復讐~」や「マスクガール」など、グローバルTOP10第1位(非英語部門)を獲得する作品も次々に登場した。

そのジャンルはますます多様化し、配信オリジナル作品にも力作が出揃う中、年始年末にイッキ見したい2023年に配信された韓国ドラマを8作品ピックアップした。


2023年を代表するロマコメ
「キング・ザ・ランド」


ジュノ(2PM)とユナ(少女時代)の共演で、ハイクラスのホテルを舞台にしたテンポよく、楽しく観られる王道ロマコメドラマ。

ジュノ演じる最上級のサービスを提供する“キングホテル”の御曹司ク・ウォンにいじわるな許婚は現れず、ユナ演じるホテリエの仕事にプライドを持つチョン・サランに元カレが付きまとうこともなく、2人のロマンスが盛り上がるにつれてどんどんのめり込める。

トップK-POPアイドルであるジュノとユナの息の合ったラブシーンや、タイでの壮大なロケは見どころ。

「キング・ザ・ランド」はNetflixにて配信中(全16話)。


大人の恋愛物語×受験競争
「イルタ・スキャンダル~恋は特訓コースで~」


Netflix映画『キル・ボクスン』ではキレキレのアクションを見せる名優チョン・ドヨンと「賢い医師生活」シリーズのチョン・ギョンホが共演。元ハンドボールの国家代表で娘の“受験競争”に遅れて飛び込んだ惣菜屋の店主と、トップスター塾講師によるロマンス。

映画では重厚な作品に出演してきたチョン・ドヨンの軽快な演技と、惣菜で生きるエナジーを取り戻していくチョン・ギョンホのケミストリー、受験生を演じたノ・ユンソ&イ・チェミンら若手俳優の好演は必見。日本でも身近な問題でありながらオリジナリティ溢れるストーリーで、苛烈な受験競争が行き着く先は地獄…という苦さもきっちりと描いた。

「イルタ・スキャンダル~恋は特訓コースで~」はNetflixにて配信中(全16話)


ロマンス・ヒューマンドラマ「愛だと言って」


父親の再婚相手に全てを奪われたウジュ(イ・ソンギョン)が、再婚相手の息子であるドンジン(キム・ヨングァン)と思わぬ恋に落ちていく。

「浪漫ドクター キム・サブ」などで知られるイ・ソンギョンに笑顔はなく、どことなく「マイ・ディア・ミスター」のIUとも重なる薄幸さ。

同じくモデル出身でロマコメへの出演が多い一方、前作「サムバディ」の快楽殺人犯も印象深いキム・ヨングァンも、イベント会社社長ながら常に寂しげでまるでキラキラしていない。

この“ロマンス職人”たちが簡単には癒えない傷を抱えながら惹かれ合っていく様子を丁寧に時間をかけて紡ぎ、2人が憎しみという重荷を下ろしたときには万感の思いが込み上げる。

「愛だと言って」はディズニープラス スターにて配信中(全16話)。


“生まれ変わり”社会派ドラマ
「財閥家の末息子~Reborn Rich~」


「ヴィンチェンツォ」のソン・ジュンギ主演。韓国で2022年11月より放送されると毎話自己最高視聴率を更新、最終回は瞬間最高視聴率30.1%を記録した大ヒットドラマが日本ではLeminoで配信された。

韓国随一の財閥スニャングループのリスク管理担当秘書ユン・ヒョヌ(ソン・ジュンギ)が、その財閥家の末息子チン・ドジュンに生まれ変わり、復讐のため前世の記憶や経験値を頼りに2度目の人生を生きる。

1997年の通貨危機、2001年の同時多発テロなど実際の出来事を絡め、一代でグループを築いた先代会長チン・ヤンチョル(イ・ソンミン)の姿を通して韓国近代史も紐解ける。頭脳明晰な大学生から40代までを演じたソン・ジュンギがハマり役。

「財閥家の末息子~Reborn Rich~」はLeminoにて配信中(全16話)。


現代のSNSミステリー「セレブリティ」


化粧品メーカーの平凡な訪問販売員だったソ・アリ(パク・ギュヨン)が一夜にしてソーシャルメディアのスターとなり、“いいね!”がすべての猥雑な世界に飛び込んでいく。

ソ・アリがトップインフルエンサーに上りつめるまでと、何者かに襲われ死んだはずの彼女が真実を暴露するライブ配信が並行して描かれ、キラキラの華やかさとヒリついた緊迫感で一気見を促す。

「イカゲーム」シーズン2にも起用され、ソ・アリさながらにトップ俳優へと駆け上るパク・ギュヨンが魅力的。韓国の実際のインフルエンサーやK-POPガールズグループ「(G)I-DLE」のウギら、カメオ出演にも注目。

「セレブリティ」はNetflixにて配信中(全12話)。


学園アクションドラマ「弱いヒーロー Class1」


人気WEB漫画を「Wanna One」出身パク・ジフン主演、「D.P. −脱走兵追跡官−」のハン・ジュニ監督でドラマ化。“学園版「D.P.」”と呼ばれるだけあり、重大な社会問題である校内暴力を軸に、儚くも熱い友情を鮮烈なアクションとともに描き出す。

パク・ジフンに「二十五、二十一」「D.P.」シーズン2のチェ・ヒョヌク、「未成年裁判」のイ・ヨン、「還魂」のシン・スンホら次世代を担う俳優陣が結集する中、友情が綻ぶきっかけとなる優等生を演じたホン・ギョンが圧巻。続編「Class2」はNetflixにて製作と報道されている。

「弱いヒーローClass1」はHuluにて配信中(全8話)。


ヒーローアクション×ヒューマンドラマ
「ムービング」


浮遊や治癒、怪力などの特殊能力を持ち90年代に諜報活動をしていた親世代と、彼らの能力を受け継いだ子どもたちの葛藤を描いたドラマが世界的に大ヒット。同名WEB漫画の原作者Kang Full自らが脚本を手掛け、「キングダム2」のパク・インジェが監督。

親世代にはリュ・スンリョン、ハン・ヒョジュ、チョ・インソンら実力派俳優たち、子ども世代にはイ・ジョンハ、コ・ユンジョン、キム・ドフンら新鋭俳優たちが大集結。

能力者たちのバトルを“アベンジャーズ”さながらの壮大さで描きつつ、南北問題、家族愛や淡い初恋、不器用な大人たちのロマンス、アイデンティティの確立といった韓国ドラマの魅力が満載で幅広い層に刺さる。

「ムービング」はディズニープラス スターにて配信中(全20話)。


ダークヒーロー・サスペンス
「ヴィジランテ」


ナム・ジュヒョクが警察学校の首席学生と、法では裁かれない犯罪者に私刑を下すダークヒーロー、ヴィジランテという2つの顔を熱演。長い手足を生かした肉弾戦のアクションも見どころとなっている。

兵役前に挑戦的な作品で新境地を見せて強い印象を残し、空白期間を凌ぐ俳優は多いが、憎悪にまみれた正義感を拳にのせ、犯罪者を睨みつける光のない鋭い眼差しは確かに従来のナム・ジュヒョクのイメージを拭い去る。

ヴィジランテを取り囲む大人たち、メディアのチェ・ミリョ(キム・ソジン)、警察のチョ・ホン(ユ・ジテ)、財閥のチョ・ガンオク(イ・ジュニョク)が顔を揃えると物語の面白さはさらに加速する。

「ヴィジランテ」はディズニープラス スターにて配信中(全8話)。


《上原礼子》

「好き」が増え続けるライター 上原礼子

出版社、編集プロダクションにて情報誌・女性誌ほか、看護専門誌の映画欄を長年担当。海外ドラマ・韓国ドラマ・K-POPなどにもハマり、ご縁あって「好き」を書くことに。ポン・ジュノ監督の言葉どおり「字幕の1インチ」を超えていくことが楽しい。保護猫の執事。LGBTQ+ Ally。レイア姫は永遠の心のヒーロー。

+ 続きを読む

特集

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top