※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

ヴェネチア最高賞『美と殺戮のすべて』写真家ナン・ゴールディンの闘いを追う日本版予告編

ヴェネチア国際映画祭最高賞の金獅子賞を受賞したローラ・ポイトラス監督の『美と殺戮のすべて』から日本版予告編が解禁。

映画 洋画ニュース
注目記事
『美と殺戮のすべて』© 2022 PARTICIPANT FILM, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『美と殺戮のすべて』© 2022 PARTICIPANT FILM, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『美と殺戮のすべて』© 2022 PARTICIPANT FILM, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『美と殺戮のすべて』© 2022 PARTICIPANT FILM, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『美と殺戮のすべて』© 2022 PARTICIPANT FILM, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『美と殺戮のすべて』© 2022 PARTICIPANT FILM, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『美と殺戮のすべて』© 2022 PARTICIPANT FILM, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『美と殺戮のすべて』© 2022 PARTICIPANT FILM, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『美と殺戮のすべて』© 2022 PARTICIPANT FILM, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

2022年・第79回ヴェネチア国際映画祭にて最高賞の金獅子賞を受賞したローラ・ポイトラス監督の『美と殺戮のすべて』(原題:All the Beauty and the Bloodshed)が、3月29日(金)より公開。日本版予告編が解禁となった。

1970年代から80年代のドラッグカルチャー、ゲイサブカルチャー、ポストパンク/ニューウェーブシーンといった題材を撮影、その才能を高く評価され、一躍時代の寵児となった写真家ナン・ゴールディン

2018年3月10日のその日、ゴールディンは多くの仲間たちと共にニューヨークのメトロポリタン美術館を訪れていた。自身の作品の展示が行われるからでも、同館の展示作品を鑑賞しにやってきたわけでもない。目的の場所は「サックラー・ウィング」。製薬会社を営む大富豪が多額の寄付をしたことでその名を冠された展示スペースだ。

到着した彼女たちは、ほどなくして「オキシコンチン」という鎮痛剤のラベルが貼られた薬品の容器を一斉に放り始めた。「サックラー家は人殺しの一族だ!」と口々に声を上げながら…。「オキシコンチン」とは「オピオイド鎮痛薬」の一種であり、全米で50万人以上が死亡する原因になったとされる“合法的な麻薬”だ。

果たして彼女はなぜ、巨大な資本を相手に声を上げ戦うことを決意したのか。大切な人たちとの出会いと別れ、アーティストである前に1人の人間としてゴールディンが歩んできた道のりがいま明かされる――。

解禁された日本版予告編は、ノーウェイブバンド「Bush Tetras」の「You Can’ be Funky」をバックに、写真家ナン・ゴールディンが斬新で生々しい題材を被写体にして時代の寵児となり、「どこの美術館も彼女の作品を欲しがる」という輝かしい経歴から始まる。

しかし場面が変わると、ゴールディンは多くの仲間とともにメトロポリタン美術館で「サックラー家はウソつき!人殺し!」と叫んでいる。

サックラー家は、製薬会社を営む大富豪で「オキシコンチン」という鎮痛剤を安全な薬と偽り販売し、アメリカで50万人もの命を奪った。そして、その莫大な売り上げを世界中の美術館に寄付することで慈善家として知られていた。

そんな巨大な資本を相手に声を上げ戦うことを決意したゴールディン。予告編にはその途方もない戦いの道のりの一端が収められている。

また、上映劇場ではナン・ゴールディンが撮影した写真のポストカード3枚がついたムビチケカードが販売中となっている(※数量限定なくなり次第終了、※一部劇場を除く)。

ポストカード3枚セット付き ムビチケカード

『美と殺戮のすべて』は3月29日(金)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、グランドシネマサンシャイン池袋ほか全国にて公開。


Nobody Can Be You
¥250
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《シネマカフェ編集部》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top