『そして、ひと粒のひかり』 サブ1