作品についてだけでなく、役へのアプローチの仕方の変化などについても語ってくれた photo:Yoshio Kumagai