自ら「恥ずかしがり屋」と語るように、終始照れながら挨拶する岡田将生