【シネマモード】フランス映画界の異端児に直撃! 「敵が僕を強くしてくれるんだ」 3枚目の写真・画像

『カルネ』、『カノン』などで国際的に評価を集めながらも、その過激な作風で“フランス映画界の異端児”との異名をとるギャスパー・ノエ監督。時間を逆戻りさせるという驚異の演出で紡ぐ衝撃の問題作『アレックス』から7年——。待望の新作『エンター・ザ・ボイド』がようやく日本に到着しました。あてもなくTOKYOにやってきて、日々ドラッグに溺れるオスカーと、彼を頼りにやって来た妹リンダを軸に語られる、不思議な輪廻転生の物語。シネマカフェでは、今年3月に行われたフランス映画祭のために来日していたノエ監督を直撃。新作について話を聞きました。

最新ニュース
『エンター・ザ・ボイド』 ギャスパー・ノエ監督
『エンター・ザ・ボイド』 ギャスパー・ノエ監督

編集部おすすめの記事

特集

page top