釜山国際映画祭にて photo:Ayako Ishizu