「東京国際映画祭」来日ゲスト/エドワード・ノートン -(C) 2000 TIFF