前回まではパーティションに仕切られた、ギャラリー別展示の印象が強かったが、今回は仕切りの存在を感じさせない、開けた展示となった