奥田瑛二/『今日子と修一の場合』日本外国特派員協会・会見