喜多陽子/『日々ロック』舞台挨拶