ショーゴセキネが、同企画のために書き下ろしたイラスト