桜井日奈子/「ハロウィーン」篇