薪窯の熾火で焼き上げられた赤身肉は、レアのような柔らかさだが、ナイフを入れても肉汁がこぼれない。