『世界は今日から君のもの』(c)クエールフィルム