瀬戸康史/「先に生まれただけの僕」