『パプリカ (2006)』作品情報

2006年11月25日 公開の映画作品

あらすじ

他人の夢に入り込み無意識の世界をモニターすることで治療を行う画期的な装置“DCミニ”が、ある日何者かによって盗まれる。次々と意識に進入し、夢を犯していく“夢のテロリスト”に立ち向かうべく“夢探偵パプリカ”(林原めぐみ)が悪夢の中に入っていく。何者かによって操作された夢と現実世界が交差した時、物語は今までのイマジネーションを覆す精神世界に突入し、驚くべき結末を迎える…。

スタッフ

今敏

キャスト

  • 林原めぐみ
  • 古谷徹
  • 江守徹
  • 堀勝之祐
  • 大塚明夫
  • 山寺宏一
  • 田中秀幸

作品データ

  • 2006年11月25日よりテアトル新宿ほか全国にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット©2006 MADHOUSE / Sony Pictures Entertainment(Japan)Inc.
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『パプリカ (2006)』関連記事

夢は見れば見るほど頭がよくなる!?『パプリカ』全回立ち見大ヒットスタート 画像
スクープ

夢は見れば見るほど頭がよくなる!?『パプリカ』全回立ち見大ヒットスタート

11月25日(土)より関東圏3館で限定公開された『パプリカ』が、初日2日間で動員4,371人、興収6,789,700円をあげ、メイン館のテアトル新宿では初日全回立ち見が出るほどの大ヒット・スタートを切った。この記録は、この週末上映された全作品の中で群を抜く1位。初日には今敏監督をはじめ、原作の筒井康隆や、林原めぐみ、古谷徹ら声の出演者もそろっての舞台挨拶が行われた。

草間彌生、蜷川実花、森山大道『パプリカ』公開記念「夢の女」展開催 画像
スクープ

草間彌生、蜷川実花、森山大道『パプリカ』公開記念「夢の女」展開催

本年度ヴェネチア国際映画祭で世界を熱狂させた本格サイコ・サスペンス『パプリカ』。『千年女優』や『東京ゴッドファーザーズ』でその名を世界に知らしめた日本を代表するアニメ監督、今敏が映像化不可能と言われた原作小説を映画化した映像エンタテイメント作品だ。

『パプリカ』東京国際映画祭animecs TIFF&digital TIFFオープニング舞台挨拶 画像
レポート

『パプリカ』東京国際映画祭animecs TIFF&digital TIFFオープニング舞台挨拶

ヴェネチア国際映画祭で世界を熱狂させた今敏監督の『パプリカ』が第19回東京国際映画祭にてanimecs TIFFとdigital TIFFの共同オープニング作品として登場。一般の観客にはこれが初めてのお披露目となり、上映前の舞台挨拶では今敏監督、原作者の筒井康隆、時田の声を演じたベテラン声優・古谷徹が登壇し会場は熱気に包まれた。

ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門『パプリカ』上映 画像
レポート

ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門『パプリカ』上映

8月30日から9月9日までイタリアで開催されているヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門に、日本のアニメーション映画としては宮崎駿監督作品『ハウルの動く城』以来2度目となる、アニメ映画『パプリカ』(監督:今敏)が出品されている。ヴェネチア国際映画祭ほか世界各地の映画祭から出品依頼が殺到し、インターネット上でも映画の内容をめぐり、情報争奪戦が繰り広げられてきた待望の話題作。現地時間9月2日17:00より公式上映が行われ、ついにその全貌が明かされることとなった。

日本アニメ『パプリカ』ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門出品決定 画像
スクープ

日本アニメ『パプリカ』ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門出品決定

今年、8月30日から9月9日までイタリアのヴェニスで開催される世界3大映画祭のうちの一つヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門にアニメ映画『パプリカ』が出品されることが決定した。日本のアニメーション映画の出品は、2004年第61回ヴェネチア国際映画祭の宮崎駿監督作品『ハウルの動く城』以来2度目となる、

page top