『虹の女神 Rainbow Song』作品情報

2006年10月28日 公開の映画作品

あらすじ

小さな映像制作会社で働く智也(市原隼人)は、ある日、大学時代の親友・佐藤あおい(上野樹里)が飛行機事故によりアメリカで命を落としたことを知る。2人の出会いは最悪。智也は片想いをしていた女の子に近づくために、友人であるあおいに声をかけた。自分が撮影する映画のフィルム代欲しさに、智也の恋のキューピッド役を引き受けるあおいだったが、なぜか彼女の監督作“THE END OF THE WORLD”に智也は無理やり主演させられることになった…。あおいの告別式の日、“THE END OF THE WORLD”を上映しようとしていた。智也にとって、あおいはどういう存在だったのか――? 『天使の卵』に続いて市原隼人が主演を務める切ない青春映画。岩井俊二が自身の作品以外では初めてプロデュースする。

スタッフ

熊澤尚人

キャスト

作品データ

  • 2006年10月28日より全国東宝系にて公開
  • 原題
  • 製作年2006
  • 製作国日本
  • 上映時間117
  • 映倫区分
  • 配給会社東宝
  • クレジット©2006「虹の女神」製作委員会
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ
page top