『みえない雲』作品情報

2006年12月30日 公開の映画作品

あらすじ

ハンナ(パウラ・カレンベルク)はドイツのある地方都市で母と幼い弟と3人で暮らすごく普通の高校生。夏休み間近のある日、同級生のエルマー(フランツ・ディンダ)から呼び出され、人気のない教室へ。そこでぎこちない会話の後に口づけを交わすふたり。そんな幸せな気分も束の間、突然けたたましいサイレンが鳴り響く。近郊の原子力発電所で事故が発生したのだ。街はパニックに陥り何の罪もない市民達がその渦に巻き込まれていく…。「迎えに行く」という言葉を信じて家で彼を待つハンナだったが…。ドイツで数多くの文学賞に輝いたベストセラー小説を原作に、チェルノブイリの事故から20年を経て製作された衝撃作。

スタッフ

監督

グレゴール・シュニッツラー

キャスト

作品データ

  • 2006年12月30日よりシネカノン有楽町ほか全国にて順次公開
  • 原題DIE WOLKE
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ
page top