『愛されるために、ここにいる』作品情報

2006年12月16日 公開の映画作品

あらすじ

仕事にも家庭にも行き詰まりを感じているジャンー=クロード(パトリック・シェネ)。50代を迎えようとする今も父との関係は気まずく、別れた妻との間にできた一人息子との会話もぎこちない。一方、結婚を目前にして幸せなはずなのにどこか満たされないフランソワーズ(アンヌ・コンシニ)。小説の執筆に追われる婚約者のティエリー(リオネル・アベランスキ)に対して寂しい気持ちを伝えることができない日々。そんなジャン=クロードとフランソワーズがタンゴのレッスンでペアを組むことに。そこからふたつの人生が少しずつ交差し始める。フランスの新たな才能・ステファヌ・ブリゼ監督の長編第2作

スタッフ

監督

ステファヌ・ブリゼ

キャスト

作品データ

  • 2006年12月16日よりユーロスペースほか全国にて順次公開
  • 原題JE NE SUIS PAS LA POUR ETRE AIME
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット©TS Productions
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ
page top