『13/ザメッティ』作品情報

2007年4月7日 公開の映画作品

あらすじ

セバスチャンは、グルジア移民の22歳。ある日、仕事先で偶然、雇い主宛の謎の封筒を手にする。その中には、パリ行きの列車のチケットが入っていた。そして、次々と現れる<13>という数字に誘われ、暗い森の奥に佇む洋館に辿り着く。そこで彼が目撃したものは、13人のプレイヤーに大金を賭け、“集団ロシアン・ルーレット”でその生死を競わせる悪夢の世界だった!極限状態の恐怖と人間の邪悪性を描いた緊迫感溢れるスリラー。ゲラ・バブルアニの初監督作品である本作は、2005年ヴェネチア国際映画祭新人監督賞を皮切りに、2006年サンダンス映画祭ワールドシネマコンペティション審査員大賞、2006年ヨーロッパ映画賞ディスカバリー賞を受賞した。

スタッフ

監督

ゲラ・バブルアニ

キャスト

作品データ

  • 2007年4月7日よりシネセゾン渋谷ほかにて公開
  • 原題13 TZAMETI
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット©2005 LES FILMS DE LA STRADA - QUASAR PICTURES - SOLIMANE PRODUCTIONS -MK2
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ
page top