『ツォツィ』作品情報

2007年4月14日 公開の映画作品

あらすじ

南アフリカ――ヨハネスブルグにある旧黒人居住区ソウェトの貧しいスラム街。ツォツィ(プレスリー・チュエニヤハエ)は、自分の過去と本名を封印している。彼は幼い頃から、たったひとり、社会の底辺で生きてきた。名前も、過去も、未来もなく、怒りと憎しみだけを心に積もらせて。“仕事場”のヨハネスブルグ中央駅に向かうツォツィと仲間たち。今日の獲物は、背広を着た恰幅の良い黒人男性だ。電車の中で、男の財布を奪う。思わず声を上げる男の腹に、躊躇することなくアイスピックが差し込まれた…。

cocoレビューを見る

スタッフ

監督

ギャヴィン・フッド

キャスト

作品データ

  • 2007年4月14日よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国にて公開
  • 原題TSOTSI
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット©2004 Tsotsi Films (PTY) LTD.All Rights Reserved.
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『ツォツィ』関連記事

「ブッチャーよりもツォツィの方に理解出来るものがあった」プレスリー・チュエニヤハエ『ツォツィ』インタビュー 画像
インタビュー

「ブッチャーよりもツォツィの方に理解出来るものがあった」プレスリー・チュエニヤハエ『ツォツィ』インタビュー

“ツォツィ”とは、「不良、チンピラ」を意味する南アフリカのスラング。南アフリカ最大の都市・ヨハネスブルクのスラム街を舞台に、“ツォツィ”と呼ばれる一人の少年が、ある赤ん坊と出会うことで自分の人生を見つめ直し、暴力と窃盗に明け暮れる日々から抜け出していく物語『ツォツィ』。2006年にアフリカ映画初のアカデミー賞外国語映画賞受賞という快挙を成し遂げた本作の主演、プレスリー・チュエニヤハエに話を聞いた。

南アフリカの現実をリアルに鋭く切り取った感動作『ツォツィ』ティーンエイジャー試写会開催 画像
スクープ

南アフリカの現実をリアルに鋭く切り取った感動作『ツォツィ』ティーンエイジャー試写会開催

2006年、アフリカ映画初のアカデミー賞外国語映画賞受賞の快挙を成し遂げた『ツォツィ』。それに加え、多くの国際映画祭で賞を獲得している本作のティーンエイジャー試写会が、4月7日(土)に開催されることが決定した。

アフリカ映画初のアカデミー賞外国語映画賞受賞作『ツォツィ』4月14日公開初日決定 画像
スクープ

アフリカ映画初のアカデミー賞外国語映画賞受賞作『ツォツィ』4月14日公開初日決定

南アフリカの知られざる現状を未来への希望を込めて描き、アフリカ映画として初のアカデミー賞外国語映画賞受賞という快挙を成し遂げた『ツォツィ』。本作の日本公開が4月14日(土)に決定した。

page top