『レッスン!』作品情報

2007年7月14日 公開の映画作品

あらすじ

N.Y.はブロンクスで社交ダンスの教師をしているピエール(アントニオ・バンデラス)は、ある日ガラの悪さで有名な地元の高校に特別教師として赴任する。早速、ダンスを教えるが、生徒たちは全くやる気を見せない。そんな彼らにピエールは情熱的なタンゴを披露、一瞬にして彼らをダンスの虜とさせてしまう。その日から始まったレッスンは悪戦苦闘の連続だったが、いつの間にか生徒たちは新しい世界に夢中になり、得意とするヒップ・ホップからオリジナルのステップまでも作り出す。盛り上がる彼らにピエールはダンス・コンテストの出場を持ちかけた。しかし生徒たちは、それぞれに抱えた問題のために出場を断念するのだが…。

スタッフ

監督

リズ・フリードランダー

キャスト

作品データ

  • 2007年7月14日よりシネマGAGA!ほか全国にて順次公開
  • 原題TAKE THE LEAD
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット©MMVI NEW LINE PRODUCTIONS,INC.ALL RIGHTS RESERVED.
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『レッスン!』関連記事

あなたのお気に入りの恋愛のカタチは? 各社宣伝マンが座談会でイチオシDVDを紹介 画像
スクープ

あなたのお気に入りの恋愛のカタチは? 各社宣伝マンが座談会でイチオシDVDを紹介

映画館の大きなスクリーンもいいけど、自宅でゆったりとくつろぎながらDVDで映画を楽しむのも幸せ! シネマカフェがそんなあなたの幸せをお手伝い。DVDメーカー宣伝担当者がテーマに沿ってイチオシDVD作品を持ち寄り、その魅力を語る座談会「DVD宣伝会議」だ。

『レッスン!』で社交ダンスを学んだヤヤ・ダコスタ「アントニオのタンゴはセクシー」 画像
インタビュー

『レッスン!』で社交ダンスを学んだヤヤ・ダコスタ「アントニオのタンゴはセクシー」

ある日、落ちこぼればかりが集まる学校に新しい先生がやってきた。彼の名はピエール・デュレイン、世界一の社交ダンサー。もちろん彼が生徒たちに教えるのは社交ダンス。ヒップホップに慣れ親しんでいる彼らは、スローテンポでちょっと古くさい音楽などには見向きもしない。しかし、ピエールの情熱は生徒たちの心を少しずつ開き、やがて彼らはコンテストを目指すようになる…。世界一のダンス大会であるイギリスのブラックプールで4年連続優勝を果たした実在の社交ダンサー、ピエール・デュレインがNYの公立学校の課外授業プログラムに社交ダンスを設け、貧困や複雑な家庭環境に悩む子供たちに希望を与えている事実を基に製作された『レッスン!』。本作で自身の才能を開花させ、将来への希望を手に入れるラレッタを演じたヤヤ・ダコスタに話を聞いた。

ラテンの熱さを封印したアントニオ・バンデラスの魅力が全開の『レッスン!』 画像
コラム

ラテンの熱さを封印したアントニオ・バンデラスの魅力が全開の『レッスン!』

社交ダンス界で活躍する世界的ダンサーが、ブロンクスの高校で生徒たちにダンスを教えながら、彼らに生きる意欲を持たせようとする…。一口に言えば、教師と生徒の交流を描いた感動ドラマではあるが、ユニークなのはアントニオ・バンデラス演じるダンサー、ピエール・デュレインのキャラクターだ。

ラテンの血が騒ぐ! アントニオ・バンデラスがダンス! ダンス! ダンス!! 画像
スクープ

ラテンの血が騒ぐ! アントニオ・バンデラスがダンス! ダンス! ダンス!!

その場の誰もが息を呑んだ——その男の情熱的で華麗なタンゴに。そして、どん底の境遇にいた子供たちは血眼になって彼からステップを学び始めた——人生を切り開く一歩を踏みしめるかのように。

page top