『キングダム 見えざる敵』作品情報

2007年10月13日 公開の映画作品

あらすじ

9.11以降、いまもなお続く、見えざる敵との終わりなき戦い――。サウジアラビアの外国人居住区でまたもや爆撃による無差別殺人が発生。犠牲者は数百人、その中にはFBI捜査官もいた。首謀者は「アム・ハムザ」と名乗る人物。そこでアメリカ政府は爆撃犯を捕まえるべく、4人のFBIスペシャリストを現地に送り込んだ。最も危険な地域へを突き進む4人を待ち受ける運命とは――?

スタッフ

監督

ピーター・バーグ

キャスト

  • ジェイミー・フォックス
  • ジェニファー・ガーナー
  • クリス・クーパー

作品データ

  • 2007年10月13日より全国にて公開
  • 原題The Kingdom
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2007 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『キングダム 見えざる敵』関連記事

FBIやCIAへのインタビューも行って撮影された『キングダム 見えざる敵』 画像
コラム

FBIやCIAへのインタビューも行って撮影された『キングダム 見えざる敵』

“キングダム”とは、王族のサウード家による絶対君主制の王国サウジアラビアのことで、『キングダム 見えざる敵』は1996年に実際にサウジで起きたホバル・タワー爆破事件をもとに作られたサスペンスアクションである。リヤドの外国人居住区で勃発した自爆テロの真相を探るために4人のFBI捜査官たちが極秘捜査に乗り込み、想像を絶する闘いに挑む5日間を描いていく。

J・フォックス「ヨロピク」連発、劇中との驚異のギャップ『キングダム 見えざる敵』 画像
レポート

J・フォックス「ヨロピク」連発、劇中との驚異のギャップ『キングダム 見えざる敵』

サウジアラビアの外国人居住区で起きた無差別爆破事件。犠牲者の仇を討つべく現地への捜査に赴いた4人のFBI捜査官。彼らが世界最大の“王国”で見た現実とは——? 9.11以降、混迷を極めるアメリカ主導の世界情勢に疑問を投げかけた話題のサスペンス・アクション『キングダム 見えざる敵』が10月13日(土)、ついに日本でも公開を迎えた。初日の舞台挨拶には、この日のために、2度目となる来日を果たした主演のジェイミー・フォックスが登壇。会場は興奮の渦に包まれた。

「エイリアス」のCIAスパイがFBI捜査官に! ジェニファー・ガーナー来日会見 画像
レポート

「エイリアス」のCIAスパイがFBI捜査官に! ジェニファー・ガーナー来日会見

アメリカと並々ならぬ密接な関係にあるサウジアラビア王国。王族によって国内における要職は占められているため国会は存在せず、王の命令が法律の公布と同意義とされる。この国で1996年に起こったホバルタワー爆破事件をヒントに、テロ事件の犯人を追ってサウジアラビアに乗り込んだFBI捜査官たちの姿を通して、この国の本当の姿を描き出した『キングダム 見えざる敵』が10月に日本でも公開を迎える。本作で、FBIチームの中で唯一の女性であり、法医学の調査官であるメイズを演じたジェニファー・ガーナーが来日し、8月30日(木)に記者会見が行われた。

page top