『象の背中』作品情報

2007年10月27日 公開の映画作品

あらすじ

何不自由なく暮らす48歳の中堅不動産会社部長・藤山幸弘(役所広司)は、今まさに人生の“円熟期”を迎えていた。しかし、ある日突然、医師に肺がんで余命半年と宣告されてしまう。その時、彼が選択したのは延命治療ではなく、今まで出会った大切な人たちと直接会って自分なりの別れを告げることだった。これまでの人生を振り返り、「自分が生きた時間とはこういうものだった」としっかり見極めて死にたいと思ったのだった。それは妻・美和子(今井美樹)と、夫婦として再び向き合うことでもあった。23年間を共に過ごしてきた夫婦にとって、この最後の半年間は忘れ得ないかけがえのない時間となる――。作詞家・秋元康初による同名長編小説の映画化。

スタッフ

キャスト

作品データ

  • 2007年10月27日より全国にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット©2007「象の背中」製作委員会
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『象の背中』関連記事

「役所広司さんをいまだに“父さん”と呼びます」塩谷瞬が『象の背中』で見せた家族愛 画像
インタビュー

「役所広司さんをいまだに“父さん”と呼びます」塩谷瞬が『象の背中』で見せた家族愛

仕事も順風満帆、家族もみんな仲良く充実した日々を送っていたサラリーマン・藤山幸弘が、ある日突然、末期癌で「余命半年」と宣告される。延命治療ではなく、これまでの人生をふり返り、その時どきで大事に思っていた人たちと会い、最後の挨拶をしようとする彼を支える家族の姿を描いた『象の背中』。そこに大きな事件は起きないけれど、家族を思う父、そして父を思う家族の姿が胸を打つ本作で藤山の息子、俊介を演じた塩谷瞬さんに話を聞いた。

役所広司、今井美樹が「本当の家族になった」と口を揃えた『象の背中』完成会見 画像
レポート

役所広司、今井美樹が「本当の家族になった」と口を揃えた『象の背中』完成会見

仕事は順風満帆で家族にも恵まれた48歳の男に、突如として告げられた余命半年の宣告。男が選んだのは延命治療ではなく、残りの人生を全うすることだった——。秋元康の初の長編小説を映画化した『象の背中』。本作の完成披露試写会と記者会見が9月27日(木)に行われ、秋元康に加え、役所広司、今井美樹、塩谷瞬、南沢奈央の俳優陣が出席した。

5分だけでも涙を誘う…役所広司、今井美樹主演『象の背中』の貴重な映像が到着! 画像
スクープ

5分だけでも涙を誘う…役所広司、今井美樹主演『象の背中』の貴重な映像が到着!

仕事は順風満帆、温かい家族に囲まれ幸せに暮らしていた男に、突如告げられた余命半年の宣告。死を目の前にして男が選んだ道は…。

今井美樹が20年ぶりの映画で役所広司の妻に! 論争を呼んだ秋元康の小説が映画化 画像
レポート

今井美樹が20年ぶりの映画で役所広司の妻に! 論争を呼んだ秋元康の小説が映画化

放送作家、作詞に映画脚本など多方面で才能を発揮し、様々な流行を生み出してきた秋元康が初めて手がけた長編小説「象の背中」。48歳で余命半年と宣告された男が選択したのは、延命治療ではなく残り半年の人生を全うすること。残りの人生をどう生き、どう死ぬのか? そして葛藤を抱えながらも夫のすべてを受け入れると決めた妻は? 死と向き合う、それは夫婦が、共に生きることの意味を改めて考えるということでもあった——。新聞連載時から、死を目の前にした男の赤裸々な思いと生き方が共感を呼ぶ一方、「男の身勝手」と論争を巻き起こした話題作の映画化が決定。6月21日(木)、映画『象の背中』の製作発表記者会見が行われ、原作者の秋元さんに加え、プロデューサーを務める小滝祥平、監督の井坂聡、主演の役所広司に、本作が20年ぶりの映画出演となる今井美樹が出席した。

page top