『実録・連合赤軍−あさま山荘への道程』作品情報

2008年3月15日 公開の映画作品

あらすじ

革命に全てを賭けたかった…。1960年代に勢いを増した学生運動は、連合赤軍による同志粛清で失速した。革命戦士を志した若者たちは、なぜ追い詰められていったのか!? 鬼才・若松孝二監督が、あさま山荘事件に焦点を当て、激動の時代の叫びを描く。

cocoレビューを見る

スタッフ

監督

若松孝二

キャスト

  • 坂井真紀
  • ARATA
  • 並木愛枝
  • 地曵豪
  • 伴杏里
  • 大西信満

作品データ

  • 2007年12月22日より名古屋シネマスコーレにて先行上映、2008年3月15日よりテアトル新宿、テアトル梅田にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 若松プロダクション
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『実録・連合赤軍−あさま山荘への道程』関連記事

井浦新、若松監督告別式で涙の弔辞 寺島しのぶ「かけがえのない時間でした」  画像
レポート

井浦新、若松監督告別式で涙の弔辞 寺島しのぶ「かけがえのない時間でした」

先日、亡くなった若松孝二監督のお通夜および告別式が10月23日(火)、24日(水)に都内で営まれ、井浦新、寺島しのぶ、佐野史郎、高岡蒼佑、高良健吾ら若松作品に出演した俳優陣など多くの映画関係者が参列し故人を偲んだ。

あのロングランヒットがDVD化 オールナイトで『実録・連合赤軍』イベント開催 画像
スクープ

あのロングランヒットがDVD化 オールナイトで『実録・連合赤軍』イベント開催

2008年のキネマ旬報の年間ベスト・テンで第3位にランクイン、第63回毎日映画コンクールでは見事、監督賞と撮影賞を獲得したほか、ベルリン国際映画祭では最優秀アジア映画賞、国際芸術映画評論連盟賞に輝いた『実録・連合赤軍−あさま山荘への道程』。坂井真紀、ARATAらを主演に迎え、1960年代の学生運動の中で先鋭化した若者たちによる連合赤軍の結成、そして“あさま山荘事件”へと至る過程を描き、昨年劇場公開され異例のロングラン上映された本作のDVDが2月27日(金)より発売される。これを記念して、本作の上映劇場であったテアトル新宿にて、2月21日(土)深夜に、本作の若松孝二監督らが出席してのオールナイト・イベントが行われる。

阿部寛「役をもらえたのが奇跡」、仲里依紗は涙! 「毎日映画コンクール」表彰式 画像
レポート

阿部寛「役をもらえたのが奇跡」、仲里依紗は涙! 「毎日映画コンクール」表彰式

1946年、戦争で荒廃した国土の荒廃にあえぐ人々を勇気づける第一級の娯楽である映画を復興しようと始まった「毎日映画コンクール」。今年で第63回を数える同コンクール表彰式が2月4日(水)に行われた。

【東京国際映画祭レポートvol.40】サクラグランプリは『迷子の警察音楽隊』! 画像
レポート

【東京国際映画祭レポートvol.40】サクラグランプリは『迷子の警察音楽隊』!

華やかなレッドカーペットの興奮冷めやらぬ渋谷Bunkamura オーチャードホール。いよいよ授賞式が始まり、デヴィッド・パットナム男爵への「黒澤明賞」の授与に続いて各賞が発表されていく。記念すべき第20回東京国際映画際の最優秀作品賞に当たる東京サクラグランプリに輝いたのはエラン・コリリン監督による『迷子の警察音楽隊』。受賞が発表された瞬間、コリリン監督は主演のサッソン・ガーベイとがっちりと抱擁を交わし喜びをあらわにし、会場からは割れんばかりの大きな拍手がわき起こった。監督は「何て言っていいのかわかりません。本当にこの受賞を誇りに思います」と挨拶。そして作品に携わったスタッフ、キャストや映画祭関係者、日本のファンへの感謝を口にした。審査委員長のアラン・ラッド Jr.は総評として「どの賞が受賞してもおかしくない、高いレベルでのコンペティションとなりましたが、グランプリに輝いた『迷子の警察音楽隊』に関しましては、全ての審査員が鑑賞直後から『素晴らしい作品だ』と口を揃えておりました」と語った。

page top