『ヒトラーの贋札』作品情報

2008年1月19日 公開の映画作品

あらすじ

第二次世界大戦中のドイツ・ザクセンハウゼン強制収容所。ナチス・ドイツがイギリスの経済混乱を狙って企てた「ベルンハルト作戦」により、ここに送られた者たちがいた。贋作師のサリー(カール・マルコヴィックス)に印刷技師のブルガー(アウグスト・ディール)、そして美校生のコーリャなどユダヤ系の技術者たち。彼らは“完璧な贋ポンド札”を作ることを命じられる。初めこそ成功しつつあったこの贋札作り。だがやがて、彼らは自分の命を守るために使命を全うするか、正義を全うするかの究極の選択を強いられることになる…。ナチス・ドイツ国家による史上最大の紙幣贋造事件に隠された、ユダヤ人技術者たちの正義をかけた闘いの物語。

スタッフ

監督

ステファン・ルツォヴィツキー

キャスト

作品データ

  • 2008年1月19日よりシャンテシネほか全国にて順次公開
  • 原題DIE FALSCHER / THE COUNTERFEITER
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2006 Aichholzer Film & magnolia Filmproduktion Alle Rechte vorbehalten
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『ヒトラーの贋札』関連記事

【第80回アカデミー賞】『モンゴル』受賞ならず! 外国語映画賞発表 画像
レポート

【第80回アカデミー賞】『モンゴル』受賞ならず! 外国語映画賞発表

外国語映画賞は『ヒトラーの贋札』。ナチス・ドイツが行った国家に夜史上最大の紙幣贋造事件をテーマにした本作が、『ボーフォート ─レバノンからの撤退─』などを抑えて受賞。注目されていた浅野忠信主演の『モンゴル』は残念ながら受賞を逃した。

【第80回アカデミー賞】良質の作品がオスカーノミネートを受け日本公開続々決定 画像
スクープ

【第80回アカデミー賞】良質の作品がオスカーノミネートを受け日本公開続々決定

いよいよ2月25日(日本時間)に開催される第80回アカデミー賞授賞式。作品賞や監督賞といった主要部門に話題が集まりがちな賞レースの中で、決して派手さはないが質の高い作品がしのぎを削るという点で、注目したいのが外国語映画賞のゆくえ。各国からその年を代表する1作品が出品され、厳しい審査の末に選び抜かれた候補作5作品の中からオスカーが決定するのだから、質の高さは当然。

A・ブルガー氏「印刷の仕事が人生に大きな意味を持った」『ヒトラーの贋札』来日会見 画像
レポート

A・ブルガー氏「印刷の仕事が人生に大きな意味を持った」『ヒトラーの贋札』来日会見

第二次世界大戦中、ナチス・ドイツ国家が敵国・イギリスの経済混乱を招くために行った史上最大の贋札事件<ベルンハルト作戦>を描いた『ヒトラーの贋札』。この歴史的事件に従事させられた実在の印刷技師であり、映画の原作となった手記「ヒトラーの贋札 悪魔の仕事場(仮)」(朝日新聞社より2008年1月発売予定)の著者であるアドルフ・ブルガー氏が来日。11月3日(土・祝)、オーストリア大使館にて記者会見が行われた。

page top