『容疑者xの献身』作品情報

2008年10月4日 公開の映画作品

あらすじ

貝塚北警察署の女性刑事・内海薫(柴咲コウ)は、先輩・草薙(北村一輝)と顔が潰され、指を焼かれた絞殺死体が発見された事件の捜査に乗り出していた。だが、捜査していくうちに、この事件の被害者・富樫慎二(長塚圭史)の別れた妻・花岡靖子(松雪泰子)の隣人である石神(堤真一)が、“ガリレオ”こと物理学者・湯川学(福山雅治)の大学時代の友人であることが分かる。それを知った内海は、湯川に事件の相談をする。そして湯川は、“唯一の親友”である石神が、事件の裏にいるのではないかと推理する…。東野圭吾の直木賞受賞作の映画化。TVドラマ化に引き続き、天才ガリレオが完全犯罪に挑む!

スタッフ

監督

西谷弘

キャスト

作品データ

  • 2008年10月4日より日劇PLEXほか全国にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2008 フジテレビジョン/アミューズ/S・D・P/FNS27社
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『容疑者xの献身』関連記事

東野圭吾の裏ライフワーク!? 濱田岳ら出演のドラマ「笑」シリーズ予告編が到着 画像
スクープ

東野圭吾の裏ライフワーク!? 濱田岳ら出演のドラマ「笑」シリーズ予告編が到着

「容疑者Xの献身」、「白夜行」、「麒麟の翼」など、原作小説&映画・ドラマ共にヒットを飛ばし、いまや国民的ミステリー作家とされる東野圭吾。そんな東野さんの裏のライフワークとも言えるブラックユーモアあふれる短編集の中から「歪笑小説」(集英社刊)の3編をドラマ化した「笑」シリーズが実写ドラマ化! その予告編がこのほど到着した。

東野圭吾の描くブラックな「笑い」3編が、濱田岳、菅田将暉らによりドラマ化!  画像
スクープ

東野圭吾の描くブラックな「笑い」3編が、濱田岳、菅田将暉らによりドラマ化! 

『容疑者Xの献身』、『白夜行』、『麒麟の翼』など、原作小説&映画共にヒットを飛ばし、いまや国民的ミステリー作家となった東野圭吾。そんな東野さんの裏のライフワークとも言えるのが「毒笑小説」や「歪笑小説」(共に集英社刊)といったブラックユーモアあふれる短編集“笑”シリーズだ。そのうちの3編が、KDDIとJ:COMによる新サービス「ドラマJoker<ジョーカー>」内でドラマ配信されることがこのほど決定、豪華全キャストと主題歌が明らかとなった。

福山雅治『アマルフィ』続編に出演! バルセロナで織田裕二と再会 画像
スクープ

福山雅治『アマルフィ』続編に出演! バルセロナで織田裕二と再会

福山雅治が『アマルフィ 女神の報酬』の続編『アンダルシア 女神の報復』に出演することが決定! 前作に続いて織田裕二と共演することになった。

日本アカデミー賞『おくりびと』が独占 追うは『母べえ』&『クライマーズ・ハイ』 画像
スクープ

日本アカデミー賞『おくりびと』が独占 追うは『母べえ』&『クライマーズ・ハイ』

今年で32回目を迎える日本アカデミー賞の優秀賞ならびに新人俳優賞の発表が12月18日(木)に行われ、先日発表された報知映画賞で作品賞を獲得した、本木雅弘主演の『おくりびと』が対象の13部門全てで受賞するという快挙を成し遂げた。“納棺師”という仕事に就いた主人公が、人の死を通じて愛すること、生きることの尊さに気づかされていく姿を描き、今年のモントリオール世界映画祭にてグランプリを受賞した本作。9月の劇場公開後、これまでに250万人以上を動員し、興行収入29億円を記録する大ヒットとなっている。来年の2月20日(金)に、今回発表された優秀賞の中から最優秀賞が発表されるが、作品賞を始め主要部門の最有力候補と言えそうだ。

「感情に流されない湯川が生身で感情的な一面を見せる」映画版「ガリレオ」監督が語る 画像
インタビュー

「感情に流されない湯川が生身で感情的な一面を見せる」映画版「ガリレオ」監督が語る

国民的作家として多数のベストセラーを輩出する東野圭吾。その東野氏の人気小説「探偵ガリレオ」と「予知夢」は福山雅治、柴咲コウ出演でドラマ化され高視聴率を記録。その続編であり、シリーズ初の同名長編作が映画化。『容疑者Xの献身』が10月4日(土)の公開以来、ヒットを記録している。ドラマシリーズに続き、本作のメガホンを握ったのは西谷弘。ドラマから続く本シリーズに賭ける思い、そして本作について聞いてみた。

福山雅治もみくちゃ! 「緊張をほぐすため昨夜はタモリさんと飲んでました」 画像
レポート

福山雅治もみくちゃ! 「緊張をほぐすため昨夜はタモリさんと飲んでました」

東野圭吾の人気小説「探偵ガリレオ」、「予知夢」を原作にTVドラマ化され、高視聴率を記録した「ガリレオ」。本作の劇場版で、TVドラマ放映当時から同時進行で製作が進められてきた『容疑者Xの献身』が10月4日(土)、ついに公開を迎えた。初回上映後には舞台挨拶が行われ、主演の福山雅治をはじめ柴咲コウ、堤真一、松雪泰子、金澤美穂、西谷弘監督が登壇した。

福山雅治「堤さんは普通の関西のおっさん」 柴咲コウはセクハラトークに献身の日々! 画像
レポート

福山雅治「堤さんは普通の関西のおっさん」 柴咲コウはセクハラトークに献身の日々!

昨年放映され、平均視聴率20%超を記録した人気ドラマ「ガリレオ」(フジテレビ)の映画版『容疑者Xの献身』が10月4日(土)に劇場公開を迎える。これに先立ち9月22日(月)に本作の完成記者会見が行われ、主演の福山雅治に柴咲コウ、堤真一、松雪泰子、西谷弘監督が出席した。

堤真一と福山雅治の現場での確執が表面化? 『容疑者Xの献身』完成披露 画像
レポート

堤真一と福山雅治の現場での確執が表面化? 『容疑者Xの献身』完成披露

福山雅治の4年半ぶりのドラマ出演作として高視聴率を記録した「ガリレオ」(フジテレビ)。その映画版となる『容疑者Xの献身』がついに完成した。東野圭吾の人気小説「探偵ガリレオ」、「予知夢」を原作にしたドラマ版に続き、今回の映画版では同じく東野さんの同名小説で直木賞受賞作を原作にしている。本作の完成披露試写会が9月22日(月)、主演の福山さんをはじめ、柴咲コウ、堤真一、松雪泰子、品川祐(品川庄司)と西谷弘監督を迎えて開催された。

page top