『きみの友だち』作品情報

2008年7月26日 公開の映画作品

あらすじ

フリースクールでボランティアをする20歳の恵美(石橋杏奈)はある日、取材に訪れたジャーナリストの中原(福士誠治)と出会い、学生時代のかけがえのない“友だち”について語り始める――。交通事故の後遺症がきっかけで、まわりに壁を作ってしまった恵美。幼い頃から体が弱く、学校を休みがちなおっとりした由香(北浦愛)。クラスで浮きがちな2人の少女は、ある日を境にかけがえのない絆を深めていく。そんな2人を取り巻くのは、親友が自分よりも彼氏を大事にしていると悩むハナ(吉高由里子)に、恵美の弟・ブン(森田直幸)と同級生の三好君(木村耕二)、そして片思い中の佐藤先輩(柄本時生)。それぞれが迷いながらも一歩ずつ前に進んでいく中、由香の体調は徐々に悪化していた…。かけがえのない友だちとの出会いを通じて、一日一日を大事に生きていこうとする若者たちの姿を丁寧に描き出した感動作。直木賞作家・重松清の同名小説を、『ヴァイブレータ』の廣木隆一監督が映画化。

スタッフ

監督

廣木隆一

キャスト

作品データ

  • 2008年6月21日よりグランパーク東宝8にて山梨先行公開 7月26日より新宿武蔵野館、渋谷シネアミューズほか全国にて順次公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2008 映画「きみの友だち」製作委員会
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『きみの友だち』関連記事

「たくさんの友だちよりも本当の友だちが一人いれば」『きみの友だち』初日舞台挨拶 画像
レポート

「たくさんの友だちよりも本当の友だちが一人いれば」『きみの友だち』初日舞台挨拶

分かり合えるようで分からない。分かってほしいのに、届かない。それでもやっぱり好きだから一緒にいたい友だち。家族以外の心の絆を持とうとする少年、少女の気持ちをまっすぐに、そして優しく描いた『きみの友だち』。「友だち」という存在がくれる「優しさ」と「喜び」を描いた本作が7月26日(土)に公開され、石橋杏奈、北浦愛、吉高由里子、廣木隆一監督が舞台挨拶に登壇した。

「友だちとは心の扉を開ける相手」福士誠治が『きみの友だち』を語る 画像
インタビュー

「友だちとは心の扉を開ける相手」福士誠治が『きみの友だち』を語る

大勢のクラスメートと一緒にいることよりも、ただ一人のかけがえのない“友だち”と一緒にいることを選んだ恵美。大人になった恵美の前に現れたジャーナリストの中原に、恵美は“友だち”との想い出を語り始める──。重松清の同名小説を映画化した『きみの友だち』で、出演シーンは多くないが、印象に残るキャラクター、中原を演じた福士誠治に話を聞いた。

失恋にはナン? 一青窈の名曲の驚くべき誕生秘話 『きみの友だち』プレミア試写会 画像
レポート

失恋にはナン? 一青窈の名曲の驚くべき誕生秘話 『きみの友だち』プレミア試写会

直木賞作家・重松清の同名小説を原作に、“友だち”が与えてくれる喜びや優しさを胸に抱いて、孤独や悲しみを乗り越えていく少年少女たちの姿を描いた『きみの友だち』が7月26日(土)より公開される。これに先立ち7月9日(水)、本作のプレミア試写会が開催され、主演の石橋杏奈を始め北浦愛、吉高由里子、福士誠治、柄本時生、華恵、そして主題歌を歌う一青窈、廣木隆一監督が舞台挨拶に登壇した。

page top