『脳内ニューヨーク』作品情報

2009年11月14日 公開の映画作品

あらすじ

人生に行き詰った人気劇作家のケイデン(フィリップ・シーモア・ホフマン)。彼は自分の人生をやり直すため、ある壮大な芸術プロジェクトの構想を思いつくが…。『マルコヴィッチの穴』や『エターナル・サンシャイン』などの脚本を手がけたチャーリー・カウフマンの記念すべき監督デビュー作。第61回カンヌ国際映画祭に正式出品された。

cocoレビューを見る

スタッフ

監督

チャーリー・カウフマン

キャスト

作品データ

  • 2009年11月14日よりシネマライズほか全国にて公開
  • 原題SYNECDOCHE,NEW YORK
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2008 KIMMEL DISTRIBUTION LLC.
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『脳内ニューヨーク』関連記事

『脳内ニューヨーク』監督インタビュー 「金があれば僕もN.Y.をもう一つ作るよ」 画像
インタビュー

『脳内ニューヨーク』監督インタビュー 「金があれば僕もN.Y.をもう一つ作るよ」

言葉で説明するのがこれほど厄介な映画もなかなかない。人生に行き詰った劇作家が、突如手に入れた大金で新作の芝居を作り始める。それは、自身の頭の中にある“理想のN.Y.”を実際のN.Y.のとある倉庫の中に作り上げてしまうというもの。己の人生そのものを投影させつつ、十数年もの歳月をかけて“もう一つのN.Y.”が作り上げられていくのだが…。この複雑怪奇な映画『脳内ニューヨーク』でメガホンを握ったのは『マルコヴィッチの穴』、『エターナル・サンシャイン』などの話題作の脚本を執筆してきたチャーリー・カウフマン。何を意図し、何を訴えたくてこんな凄まじい映画を作ったのか? 公開を前に作品について語ってくれた。

オスカーを翌日に控え、インディペンデント・スピリッツ・アワードが決定! 画像
ゴシップ

オスカーを翌日に控え、インディペンデント・スピリッツ・アワードが決定!

アカデミー賞授賞式を翌日に控えた21日、独立系映画を対象としたインディペンデント・スピリット・アワードの第24回授賞式がサンタモニカ・ピアーで開催され、オスカー候補にもなっている『レスラー』が作品賞、主演男優賞、撮影賞の3部門を受賞した。

映画賞レースもいよいよスタート! インディーズ映画のゴッサム映画賞授賞式が開催 画像
ゴシップ

映画賞レースもいよいよスタート! インディーズ映画のゴッサム映画賞授賞式が開催

アメリカのインディーズ系映画を対象にした第18回ゴッサム・インディペンデント映画賞の授賞式が2日、ニューヨークで行われ、ペネロペ・クルスやミシェル・ウィリアムズ、イーサン・ホークら、インディーズ作品で活躍するスターたちが一堂に会した。

【カンヌレポート 最終回】パルムドール獲得ならずもイーストウッドは偉大なり 画像
レポート

【カンヌレポート 最終回】パルムドール獲得ならずもイーストウッドは偉大なり

カンヌこぼれ話もそろそろ終わり。

page top