『大阪ハムレット』作品情報

2009年1月17日 公開の映画作品

あらすじ

大阪の下町で暮らす久保家。お父ちゃんの突然の死以来、一家の大黒柱となっているのは、働き者のお母ちゃん、房子(松坂慶子)だ。四十九日も済まないうちに、お父ちゃんの弟と名乗る叔父さん(岸部一徳)が転がり込んでくるが、のんきな房子はなぜかそれをすんなりと受け止める。一方、3人の息子もそれぞれ問題を抱えていた。中3のの長男・政司(久野雅弘)は自分の年を偽り大学生と恋に落ち、やんちゃな次男・行雄(森田直幸)は自分の出生に疑問を抱き、そして女の子になることを夢見る三男の宏基(大塚智哉)は、クラスメイトから冷ややかな目で見られていた。不器用な5人の、奇妙な家族生活がこうして始まる――。文化庁メディア芸術大賞受賞した森下裕美の漫画「大阪ハムレット」を映画化。大阪で人情味ある人々に囲まれて暮らす久保家の、悩みと笑いあふれる日常を描く。

スタッフ

監督

光石富士朗

キャスト

  • 松坂慶子
  • 岸部一徳
  • 森田直幸
  • 久野雅弘
  • 大塚智哉
  • 本上まなみ

作品データ

  • 2009年1月17日よりシネスイッチ銀座、シネ・リーブル梅田ほか全国にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2008「大阪ハムレット」製作委員会
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ
page top