『アクロス・ザ・ユニバース』作品情報

2008年8月9日 公開の映画作品

あらすじ

1960年代。リバプールから父を探しにアメリカへとやって来たジュード(ジム・スタージェス)は、ここで自由な大学生・マックス(ジョー・アンダーソン)と出会う。やがて2人は、N.Y.のグリニッジ・ビレッジでミュージシャン仲間との新しい生活をスタートさせ、ジュードはマックスの妹・ルーシー(エヴァン・レイチェル・ウッド)と恋に落ちる。だがベトナム戦争が激化し、仲間たちはバラバラになっていく…。「ライオン・キング」の舞台演出で数々の賞を手にした女流監督、ジュリー・テイモアが、贅沢にアレンジしたビートルズの名曲に乗せて贈るラブストーリー。

cocoレビューを見る

スタッフ

監督

ジュリー・テイモア

キャスト

作品データ

  • 2008年8月9日より渋谷アミューズCQN、シネカノン有楽町、新宿バルト9ほか全国にて公開
  • 原題Across The Universe
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2007 Revolution Studios Distribution Company,LLC. All Rights Reserved.
  • 公式サイト 公式サイト(英語)
ジャンル
感情タグ

『アクロス・ザ・ユニバース』関連記事

暑い夏を忘れて、しばし別世界へvol.2 美しく普遍的なビートルズの世界へ 画像
コラム

暑い夏を忘れて、しばし別世界へvol.2 美しく普遍的なビートルズの世界へ

人海戦術の凄さに圧倒されつつも、良くも悪くも中国らしささく裂だなと思い、割と冷めた目で見つめていた北京オリンピックの開会式。そのときは、これほど日本選手がドラマを展開するとは思っていませんでした。格上相手のどんでん返し、挫折からの復活劇などをまっすぐ見せられると、つい胸がときめいてしまいます。様々なことを乗り越えて結果を出していくスポーツ選手を見ていると、敬意とともに羨ましさも感じます。そんな中、見ていて誇らしく感じるのが柔道。それは日本選手の活躍はもちろん、日本独自の武道、文化がここまで世界に広がっているということへの誇らしさ。続々と登場する選手たちは、国籍も様々。違う文化を背景に持つ彼らが、日本式に闘いが始まる前に一礼、終わったらまた一礼。畳に上がる前にも一礼、去る際にまた一礼。日本の文化が敬意をもって世界で受け入れられていることを実感します。

ビートルズに乗せて綴られる愛と苦悩に時代を超えて共感『アクロス・ザ・ユニバース』 画像
コラム

ビートルズに乗せて綴られる愛と苦悩に時代を超えて共感『アクロス・ザ・ユニバース』

故郷・リバプールに別れを告げ、まだ見ぬ父親を捜すべくアメリカにやって来た青年の名はジュード。そんな彼と出会い、やがて愛し合うようになるアメリカ人女性の名はルーシー。ビートルズの熱狂的なファンでなくとも、思わず微笑まされる名前の主人公のふたりが、恋を知り、友情に突き動かされ、60年代という時代の波に翻弄されつつも愛で打ち勝つ本作は、全編にビートルズ・ナンバーを配したミュージカルだ。ジュードとルーシーをはじめとする登場人物たちが、自身の心情をビートルズ・ナンバーの歌詞とメロディに託しながら、物語を紡いでいく。

サルマ・ハエック、大富豪の婚約者と破局 画像
ゴシップ

サルマ・ハエック、大富豪の婚約者と破局

サルマ・ハエックが、フランス人実業家で大富豪のフランソワ・アンリ・ピノー氏との婚約解消を発表した。

「将来、何が起きるか楽しみにしていきたい」MITの天才を演じたジム・スタージェス 画像
インタビュー

「将来、何が起きるか楽しみにしていきたい」MITの天才を演じたジム・スタージェス

米・ボストンのマサチューセッツ工科大学(MIT)の学生数名が、カード・カウンティングという技を使ってラスベガスで大金を稼ぎ出したという実話を基にした小説「ラス・ヴェガスをブッつぶせ!」(アスペクト刊)。この小説に惚れ込んだケヴィン・スペイシーが映画化権を取得し、プロデュースも兼ねたのが『ラスベガスをぶっつぶせ』だ。本作で、主人公のベン・キャンベルを演じたジム・スタージェスに話を聞いた。

page top