『ドモ又の死』作品情報

2008年6月14日 公開の映画作品

あらすじ

ドラッグ中毒者のための更生施設「ハマー・ナナの家」。ここで暮らすのは、反骨的で無愛想な“戸部=ドモ又”(江本純子)、優等生だけど泣き虫のとも子(三輪明日美)、 男言葉で話すリーダー的存在の花田(藤谷文子)、常に心虚ろな澤本(野村恵里)、お調子者の瀬古(高野ゆらこ)、花田にくっついて歩く青島(つるうちはな)の6人。そんな彼女たちに、ある課題が与えられる。それは、芸術家の青年たちの苦悩を描いた戯曲「ドモ又の死」を演じるということ。彼女たちは、依存症に苦しみながらも、クリスマスの発表会に向けて稽古の日々を送り、演じることに没頭していく…。だが発表会の直前に、ひとつの悲劇が訪れる――。

スタッフ

監督

奥秀太郎

キャスト

  • 江本純子
  • 三輪明日美
  • 藤谷文子
  • 片桐はいり
  • 萩尾望都
  • 大塚寧々

作品データ

  • 2008年6月14日より渋谷シアター・イメージフォーラムほか全国にて順次公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© M6 TRANCE PICTURE WORKS
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ
page top