『ロルナの祈り』作品情報

2009年1月31日 公開の映画作品

あらすじ

国籍を得るため、ベルギーへやって来たアルバニア人のロルナ(アルタ・ドブローシ)。彼女は、この地で働き、生きていくためにクローディ(ジェレミー・レニエ)と結婚し、パスポートを手に入れようとしている。クローディは麻薬中毒に苦しみながらも、ロルナを希望の光に立ち直ろうとしていた。そんな彼を見ているうちに、ロルナは次第に彼を受け入れていく。ある夜、想いが通じて2人は結ばれる。ロルナは、クローディ、そして2人の間に生まれたばかりの愛を守ろうとするのだが――。第58回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した『ある子供』に続き、ダルデンヌ監督とジェレミー・レニエがタッグを組んだ一作。

cocoレビューを見る

スタッフ

監督

ジャン=ピエール・ダルデンヌ

監督

リュック・ダルデンヌ

キャスト

  • アルタ・ドブローシ
  • ジェレミー・レニエ
  • ファブリツィオ・ロンギオーヌ

作品データ

  • 2009年1月31日より恵比寿ガーデンシネマほか全国にて順次公開
  • 原題Le Silence de Lorna
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『ロルナの祈り』関連記事

「映画を観ながら自分の場所を見つけてほしい」ダルデンヌ兄弟が語る『ロルナの祈り』 画像
インタビュー

「映画を観ながら自分の場所を見つけてほしい」ダルデンヌ兄弟が語る『ロルナの祈り』

偽装結婚、マフィア、ドラッグ。『ロルナの祈り』が扱うのは、ハリウッドならサスペンス・アクションの大作に仕立て上げそうな題材だ。そこから、こんなにも静かで、同時に観る者の心をわし掴みにする作品を生み出したのはジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ兄弟。示し合わせたわけでもないそうだが、質問には必ず兄弟が交互に答える。まず弟のリュックが口火を切った。

映画、この視点vol.2 ヒロインの視点に寄り添いたい『ロルナの祈り』 画像
コラム

映画、この視点vol.2 ヒロインの視点に寄り添いたい『ロルナの祈り』

ベルギーの巨匠、ジャン=ピエールとリュックのダルデンヌ兄弟が新作を発表するたびに、いつも驚かされます。『イゴールの約束』、『ロゼッタ』、『息子のまなざし』、『ある子供』を始めとする作品が、世界的映画祭で大絶賛を受けてきた彼ら。常に社会的な弱者たちに焦点をあて、現代を鋭く、そして優しく見つめてきました。待望の新作『ロルナの祈り』では、ベルギーでの幸せな生活を求めてアルバニアからやってきた一人の女性・ロルナの視点を通して、ベルギーの移民問題を扱いつつ、人間がもつ深い愛情の在りかを照らし出します。

page top