ロマンス/ ドラマ 『コレラの時代の愛』作品情報

2008年8月9日 公開の映画作品

あらすじ

1897年、激化する内戦とコレラの蔓延で揺れるコロンビア・カルタヘナ。郵便局員のフロレンティーノ(ハビエル・バルデム)は、配達先の令嬢フェルミナ(ジョヴァンナ・メッツォジョルノ)と恋に落ちるが、身分の違いから2人は引き裂かれてしまう。数年後、フェルミナは医師・フベニル(ベンジャミン・ブラット)と結婚。意気消沈するフロレンティーノだったが、いつか彼女に求婚できる日が来ることを信じ、何年でも待ち続けることを心に誓う。そして時は流れ、51年9か月と4日目。年を重ね、もはや金も地位も手に入れたフロレンティーノの元に、フェルミナの夫の死の知らせが届く…。ノーベル文学賞作家、ガルシア=マルケル最高作を原作に、アカデミー男優、ハビエル・バルデムが、半世紀にわたり愛を貫いた男を演じる。

cocoレビューを見る

スタッフ

監督

マイク・ニューウェル

キャスト

  • ハビエル・バルデムフロレンティーノ・アリーサ
  • ジョヴァンナ・メッツォジョルノフェルミーナ・ダーサ
  • ベンジャミン・ブラットフベナル・ウルビーノ医師
  • カタリーナ・サンディノ・モレノイルデブランダ
  • ヘクター・エリゾンドドン・レオ

作品データ

  • 2008年8月9日よりシャンテ シネ、Bunkamuraル・シネマほか全国にて順次公開
  • 原題LOVE IN THE TIME OF CHOLERA
  • 製作年2007
  • 製作国アメリカ合衆国
  • 上映時間137分
  • 映倫区分PG-12
  • 配給会社ギャガ・コミュニケーションズ
  • クレジット© Copyright 2007 Cholera Love Productions,LLC ALL RIGHTS RESERVED.
  • 公式サイト 公式サイト(英語)
ジャンル
感情タグ

『コレラの時代の愛』関連記事

“クジラのような男”ハビエル・バルデムが明かす『コレラの時代の愛』の繊細な役作り 画像
インタビュー

“クジラのような男”ハビエル・バルデムが明かす『コレラの時代の愛』の繊細な役作り

原作は「百年の孤独」と共にガルシア=マルケスの最高傑作と称される小説。19世紀後半から20世紀にかけてのコロンビアを舞台に、51年もの歳月に及ぶ永き愛の軌跡を綴った『コレラの時代の愛』が先日より公開されている。本作で、半世紀にわたって愛を貫き通す主人公・フロレンティーノを演じたハビエル・バルデムが作品への思い、そして役作りについて語ってくれた。

和泉元彌も一つの愛を貫き通す? 家族への想いを胸に誓った『コレラの時代の愛』 画像
レポート

和泉元彌も一つの愛を貫き通す? 家族への想いを胸に誓った『コレラの時代の愛』

内戦とコレラの蔓延に揺れるコロンビアを舞台に、身分の違いから引き裂かれてしまった2人の男女の哀しくも純然たる愛を描いた、珠玉のラブストーリー『コレラの時代の愛』。本年度アカデミー賞主演男優賞を制した、ハビエル・バルデムが、半世紀にわたり一つの愛を貫き通す男性を演じきった本作が、8月9日(土)より公開される。これに先駆け、8月4日(月)、本作の公開記念イベントが開催された。ハビエルが劇中で挑んだ完全なる老けメイクにならい、ゲストの和泉元彌が70歳代の老けメイクで登場し、本作と永遠の愛について熱く語った。

page top