『この自由な世界で』作品情報

2008年8月16日 公開の映画作品

あらすじ

ロンドンで暮らすシングル・マザーのアンジー(キルストン・ウェアリング)。職に恵まれず、一人息子は両親に預けっぱなしでいた。理不尽な理由で職業紹介所をクビにされた彼女は、思いきってルームメイトのローズ(ジュリエット・エリス)と自分たちの職業紹介所を立ち上げる。やがてビジネスは軌道にのるが、ある日アンジーは不法移民を働かせる方が儲けになることを知る。もっとお金があれば息子と暮らせる…。ローズや心優しい移民青年・カロル(レズワフ・ジュレック)の心配を顧みず、彼女は越えてはいけない一線を越えてしまう。そして事件が起きた――。カンヌ国際映画祭でパルムドールに輝いた『麦の穂をゆらす風』のケン・ローチ監督が、“自由”の意味を問うた傑作。

cocoレビューを見る

スタッフ

監督

ケン・ローチ

キャスト

作品データ

  • 2008年8月16日より渋谷シネ・アミューズほか全国にて順次公開
  • 原題It’s A Free World…
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© Sixteen Films Ltd, BIM Distribuzione, EMC GmbH and Tornasol Films S.A.MMVII
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ
page top