『ニセ札』作品情報

2009年4月11日 公開の映画作品

あらすじ

昭和20年代。戦後の混乱の中、山村の小学校の教頭を務める佐田かげ子(倍賞美津子)は、生徒に惜しみない愛情を注ぐ一方で、知的障害を持つ息子・哲也(青木崇高)を女手ひとつで育てていた。村中から尊敬されていた彼女の元にある日、教え子のひとり、大津シンゴ(板倉俊之)がニセ札造りの話を持ちかける。最初はつっぱるかげ子だったが、計画に加担する村の名士・戸浦の説得で、心が動く。彼女の参加により、村を挙げての一大ニセ札造りが始まる…。実際の事件を題材に描く、木村祐一の長編初監督作品。

cocoレビューを見る

スタッフ

監督

木村祐一

キャスト

  • 倍賞美津子
  • 青木崇高
  • 板倉俊之
  • 段田安則
  • 西方凌
  • 村上淳
  • 木村祐一

作品データ

  • 2009年4月11日よりテアトル新宿、シネカノン有楽町2丁目ほか全国にて順次公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2009『ニセ札』製作委員会
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『ニセ札』関連記事

キム兄、先輩・松本からのエールに涙 モントリオールに向けて「胸張って歩きたい」 画像
レポート

キム兄、先輩・松本からのエールに涙 モントリオールに向けて「胸張って歩きたい」

その多芸ぶりと存在感で人々を魅了するキム兄こと、木村祐一が初の長編映画として、地元・京都を撮影舞台に、実際に起きた事件に基づき、贋札作りに巻き込まれる人間模様を描いた『ニセ札』。本作が4月11日(土)に公開を迎え、木村監督を始め、倍賞美津子、青木崇高、村上淳、西方凌、三浦誠己が上映後の舞台挨拶に登壇した。

“監督”木村祐一ד主犯”倍賞美津子ד賢人?”青木崇高が明かす『ニセ札』 画像
インタビュー

“監督”木村祐一ד主犯”倍賞美津子ד賢人?”青木崇高が明かす『ニセ札』

つい先日、松本人志が監督第2作の製作を発表。さらに、品川ヒロシが自伝的小説を自ら映画化した『ドロップ』は興行収入15億円に届くかというヒットを記録するなど、吉本興業所属のタレントによる作品が次々と話題を呼んでいる。そして、吉本興業でも有数の多才多芸ぶりを誇り、多方面での活躍を見せるあの男がついにメガホンを握った! 俳優として数々の作品に出演し、印象深い演技を見せてきた木村祐一が、戦後間もない頃に実際に起こったニセ札事件をモチーフに作り上げた初監督作品『ニセ札』がまもなく公開を迎える。これに先駆け、木村監督に主演の倍賞美津子、そして青木崇高の3人に話を聞いた。

キム兄、逮捕報道について急遽、釈明会見「お騒がせして申し訳ありません…」 画像
レポート

キム兄、逮捕報道について急遽、釈明会見「お騒がせして申し訳ありません…」

お笑いの枠を超え、料理人や俳優など、様々な領域でその才能を遺憾なく発揮してきたキム兄こと、木村祐一。彼が初の長編映画として、小さな山村で実際に起きた戦後最大の贋札事件を描いた『ニセ札』が4月11日(土)に公開される。しかし、その直前となる4月1日(水)、当のキム兄が“逮捕”とのニュースが東京スポーツ紙の号外にて報じられ、本人および所属の吉本興業周辺は一時騒然…。それから2日後の3日(金)、本人による釈明会見が急遽執り行われた。

page top