『私は貝になりたい』作品情報

2008年11月22日 公開の映画作品

あらすじ

清水豊松(中居正広)は高知の漁港町で、理髪店を開業していた。家族は、女房の房江(仲間由紀恵)と一人息子の健一(加藤翼)。戦争が激しさを加え、赤紙が豊松にも来た。彼はヨサコイ節を歌って出発した。ある日、撃墜されたB29の搭乗員が大北山山中にパラシュートで降下した。「搭乗員を逮捕、適当に処分せよ」。矢野軍司令官(石坂浩二)の命令が尾上大隊に伝達され、豊松の属する日高中隊が行動を開始した。発見された米兵は、1名が死亡、残りの2名も虫の息だった。日高大尉は処刑を足立小隊長に命令、さらに命令は木村軍曹の率いる立石上等兵に伝えられた。立石が選び出したのは豊松と滝田の2名。立木に縛られた米兵に向って、豊松は歯をくいしばりながら突進した。それから戦争が終わって、豊松は再び家族と一緒に平和な生活に戻った。しかしそれも束の間、豊松は大北山事件の戦犯として逮捕され、絞首刑の判決を受ける…。

スタッフ

監督

福澤克雄

キャスト

作品データ

  • 2008年11月22日より全国東宝系にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2008『私は貝になりたい』製作委員会
ジャンル
感情タグ
page top