『チョコレート・ファイター』作品情報

2009年5月23日 公開の映画作品

あらすじ

日本人の父とタイ人の母との間に生まれた美少女・ゼン(“ジージャー”ヤーニン・ウィサミタナン)。母に引き取られたゼンは、成長するにつれアクションのビデオを見ただけで、その技を習得できるという並はずれた能力を備えていることが分かり、密かに技を磨いていた。そんなある日、母が癌に侵されていることが発覚。ゼンは母を救うため、母から全てを奪ったマフィアとの抗争に挑む。だが、そこには生き別れになっていた父・マサシ(阿部寛)との再会が待っていた…。『マッハ!』、『トム・ヤム・クン!』で知られるプラッチャヤー・ピンゲーオ監督によるアクション・ムービー。

スタッフ

監督

プラッチャヤー・ピンゲーオ

キャスト

作品データ

  • 2009年5月23日より新宿ピカデリーほか全国にて公開
  • 原題Chocolate
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2008 sahamongkolfilm international all rights reserved. designed by pun international
ジャンル
感情タグ

『チョコレート・ファイター』関連記事

阿部寛、タイ映画の次はインドデビュー? 「インド映画で踊ってみたい」 画像
レポート

阿部寛、タイ映画の次はインドデビュー? 「インド映画で踊ってみたい」

『マッハ!』や『トム・ヤム・クン』で知られるタイ・アクション映画の旗手、プラッチャヤー・ピンゲーオが4年の歳月をかけて最強ヒロインを誕生させた『チョコレート・ファイター』。5月23日(土)、本作が公開初日を迎え、ヒロインの父で日本人ヤクザ・マサシを演じた阿部寛が初日舞台挨拶を行った。

タイと日本、国境を越え交わした絆 阿部寛、執念の侍アクションに「俳優として感動」 画像
インタビュー

タイと日本、国境を越え交わした絆 阿部寛、執念の侍アクションに「俳優として感動」

タイの国民的競技であるムエタイの凄さを世界に知らしめた『マッハ!』から6年。ノンスタント、ノンワイヤーアクション、一切の妥協なしの超人的アクションを放つプラッチャヤー・ピンゲーオ監督が、最強ヒロインを誕生させた新作『チョコレート・ファイター』を引っさげ、日本に戻ってきた。各国から最強ファイターを招集し完成させた本作でヒロインの父親、不屈の日本人ヤクザ・マサシ役に抜擢されたのは、いま最も忙しい俳優の一人、阿部寛。タイと日本、国境を越えて、固く手を交わした2人に話を聞いた。

ザブングル加藤、タイの美少女のキックに惨敗 阿部寛はヤクザ役がお気に入り? 画像
レポート

ザブングル加藤、タイの美少女のキックに惨敗 阿部寛はヤクザ役がお気に入り?

CGやワイヤーなしの迫真のアクションが話題を呼んだ『マッハ!』のプラッチャヤー・ピンゲーオ監督が新たに手がけ、本国タイで『マッハ!』を超える大ヒットを記録した『チョコレート・ファイター』。本作のジャパン・プレミアが4月15日(水)に開催された。このジャパンプレミアのためにタイより来日した主演のジージャー、そして日本から本作に参加した阿部寛が来場し、大きな盛り上がりを見せた。

page top