『シネマ歌舞伎 刺青奇偶(いれずみちょうはん)』作品情報

2009年2月28日 公開の映画作品

あらすじ

生来の博打好きで江戸を追われた半太郎(中村勘三郎)は、身投げした酌婦のお仲(坂東玉三郎)を救う。不幸続きの人生を送ってきたお仲は、自分を助けてくれた半太郎の優しさに胸を打たれた。やがて、2人は夫婦になるが半太郎は博打を止められずにいた。そして、不治の病を患ったお仲は半太郎の将来を心配し、博打をやめてほしいとの願いを込めて、彼の二の腕に“さいころ”の刺青を彫る。博打を断った半太郎だったが、この世の名残りにお仲に良い思いをさせたいと、最後の博打に出かける。そこで、半太郎はお仲のために命を懸けた大勝負に挑む――。『シネマ歌舞伎』シリーズ第10作目。

スタッフ

監督

寺崎裕則

キャスト

  • 中村勘三郎
  • 坂東玉三郎
  • 片岡亀蔵
  • 市川高麗蔵
  • 片岡仁左衛門

作品データ

  • 2009年2月28日より東劇ほか全国にて順次公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2009松竹株式会社
ジャンル
感情タグ
page top