『デュプリシティ〜スパイは、スパイに嘘をつく〜』作品情報

2009年5月1日 公開の映画作品

あらすじ

創業150年を誇る老舗企業・B&R社は、業界トップに君臨し続けていることもあり、CEO・ハワード(トム・ウィルキンソン)は自信を持っていた。一方で、急速に業績を伸ばしているエクイクロム社のCEO・ディック(ポール・ジアマッティ)は、そんなB&R社の存在に神経過敏でいた。そんな中、エクイクロム社は、業界内で誰もが不可能だと思っていた“驚異の新製品”をB&R社が開発するという情報を入手する。最高機密を守るため、B&R社は元CIAのクレア(ジュリア・ロバーツ)を、情報をつかみたいエクイクロム社は元MI6のレイ(クライヴ・オーウェン)を雇い、ライバル会社への潜入を目論んでいた。しかし、実はスパイの2人は大金を稼ぐため、共謀を働いていたのだ。こうして、誰もが表と裏の顔で騙し合う中、錯綜する4者の書き引きはどうのような結末を迎えるのか…!? ジュリア・ロバーツ、クライヴ・オーウェン共演で贈る、企業対企業のスパイ合戦を描いたクライム・エンターテイメント。

スタッフ

監督

トニー・ギルロイ

キャスト

作品データ

  • 2009年5月1日よりTOHOシネマズ みゆき座ほか全国にて公開
  • 原題Duplicity
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2008 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.
ジャンル
感情タグ

『デュプリシティ〜スパイは、スパイに嘘をつく〜』関連記事

page top