『カフェ代官山III 〜それぞれの明日〜』作品情報

2009年3月14日 公開の映画作品

あらすじ

ガク(馬場徹)がいないカフェ・レーヴ・コンティニュエの1年後――。ヒビキ(相葉弘樹)にサーディン(大河元気)、コトッチ(桐山漣)の3人は恒例のクリスマスパーティを開いていた。そこへ、ガクの従兄弟・湊川恭歌(キョウカ/馬場徹)が現れる。彼は「この店で一緒にパティシエを目指さないか?」というガクの手紙に誘われ、この店にやって来たのだった。ガクと顔がそっくりなキョウカだが、性格は正反対! 自分勝手だが、パティシエとしての腕は天才的であった。ヒビキは彼の才能を密かに認めるが、キョウカは店を掻き回しただけで去っていくのだった…。『カフェ代官山』シリーズ第一作目の1年後を描いたシリーズ第3弾の最終章。カフェで働く4人の若者たちが織り成す夢と希望にあふれた感動作。

cocoレビューを見る

スタッフ

監督

東條政利

キャスト

  • 相葉弘樹
  • 大河元気
  • 桐山漣
  • 馬場徹
  • 桜田通
  • 日向丈
  • 中原和宏

作品データ

  • 2009年3月14日より渋谷シアターTSUTAYAにてレイトショー公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2009 カフェ代官山?Partners
ジャンル
感情タグ
page top