『呪怨 白い老女』作品情報

2009年6月27日 公開の映画作品

あらすじ

ある家で、司法試験に落ちた息子が家族5人を次々と惨殺し、自らも首を吊って死んだ。死ぬ間際に彼が録音したカセットテープには、「行きます。すぐ行きます…。」という彼の声とともに、少女の不気味な声が録音されていた。それは、今は高校に通うあかね(南明奈)が小学生の頃に親友だった未来という少女の声だった。未来は一家惨殺の被害者だったのだ。そして、幼い頃から霊感が強かったあかねの前に、黄色い帽子をかぶり赤いランドセルを背負った未来が姿を現す――。少女が絶望の中で見たものとは? 『呪怨 黒い少女』と同時上映。

スタッフ

監督

三宅隆太

キャスト

作品データ

  • 2009年6月27日より新宿バルト9、梅田ブルク7にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット©2009東映ビデオ・CELL
ジャンル
感情タグ
page top