『ホースメン』作品情報

2009年10月24日 公開の映画作品

あらすじ

頑なな刑事、エイダン・ブレスリンは、妻の死後、2人の息子アレックスとショーンとの間に、溝が広がるばかり。仕事で、聖書の予言にあるヨハネの黙示録の四騎士に根差した邪悪な連続殺人事件の捜査にはまり込む。事件の現場には、毎回「COME AND SEE=来たれ」という謎のメッセージが残されていた。ある事件で中年女性が殺され、第一発見者は養女であるクリスティンだった。ブレスリンは自分の息子を思うように、彼女を気にかけていた。しかし事件が続くある日、ブレスリンはクリスティンから「私が殺したの―。」という衝撃的な事実を知らされる。彼女はこの事件の犯人の1人であり、猟奇殺人はこれからも続くという。史上最も美しき殺人者が仕掛けた罠、謎のメッセージの意味、次第に容疑者とブレスリンとの衝撃的なつながりが明らかになっていく――。

cocoレビューを見る

スタッフ

監督

ジョナス・アカーランド

キャスト

  • デニス・クエイド
  • チャン・ツィイー
  • ルー・ティラー・プッチ

作品データ

  • 2009年10月24日より新宿バルト9、渋谷シアターTSUTAYAほか全国にて公開
  • 原題Horsemen
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2008 Horsemen Productions, LLC All Rights Reserved.
ジャンル
感情タグ

『ホースメン』関連記事

チャン・ツィイーの素顔明かす 女版“レクター”の『ホースメン』監督インタビュー 画像
インタビュー

チャン・ツィイーの素顔明かす 女版“レクター”の『ホースメン』監督インタビュー

『羊たちの沈黙』や『セブン』などの傑作映画の系譜に連なる、衝撃のサイコ・スリラーが誕生した。「ヨハネの黙示録」に記された、暗黒の騎士=<ホースメン>になぞらえた連続猟奇事件を、斬新な映像と濃密なストーリーに絡ませて描く『ホースメン』である。アジアのトップ女優チャン・ツィイーが殺人鬼役で意表をつく変身を遂げている本作。メガホンを取ったスウェーデンの新鋭ジョナス・アカーランドは、彼女との競演を語る。

その美貌にハマッたら最後…チャン・ツィイー“化ける”『ホースメン』ポスター初披露 画像
スクープ

その美貌にハマッたら最後…チャン・ツィイー“化ける”『ホースメン』ポスター初披露

アジア屈指のトップ女優、チャン・ツィイーが美しき猟奇犯に大変身! 『アルマゲドン』や『トランスフォーマー』シリーズで知られるヒットメイカー、マイケル・ベイ率いるプラチナム・デューンズが贈る、サディスティック・サスペンス・スリラー『ホースメン』がこの秋、日本で公開を迎える。いまだ見たことのない、凶器と化したツィイーが観る者を恐怖と謎の迷宮へと誘う本作。公開に先駆けて、本作のポスタービジュアルがこのたび解禁となった。

page top