『ぼくのエリ 200歳の少女』作品情報

2010年7月10日 公開の映画作品

あらすじ

いじめられっ子で繊細な12歳の少年、オスカー。友達が欲しいという孤独な少年の願いは、同じ12歳のエリが父親と共に隣の家に越してきたことで叶えられた。しかし、青ざめた顔をしたエリの外出は夜の間だけで、彼女はキャンディも食べられない。そしてエリが現れたのと時を同じくして、街では不可解な失踪や殺人が次々と起こり始める。恐ろしい話が大好きで内向的なオスカーは、エリがヴァンパイアだと気づく。ふたりの幼い恋が終わるかに見えたとき、オスカーに最大の悲劇が襲いかかる――。

スタッフ

監督

トーマス・アルフレッドソン

キャスト

  • カーレ・ヘーデブラント
  • リーナ・レアンデション
  • ペール・ラグナル

作品データ

  • 2010年7月10日より銀座テアトルシネマ、8月21日よりテアトル梅田ほかにて全国順次公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© EFTI_Hoyte van Hoytema
ジャンル
感情タグ
page top