『セラフィーヌの庭』作品情報

2010年8月7日 公開の映画作品

あらすじ

1912年、フランス・パリ郊外のサンリス。貧しく孤独な女性・セラフィーヌ(ヨランド・モロー)の日々を支えていたのは、草木との対話や歌うこと、そして何よりも絵を描くことだった。ある日、彼女はアンリ・ルソーを発見し、ピカソをいち早く評価したドイツ人画商、ヴィルヘルム・ウーデに見出され、その後、彼の援助のもと、個展を開くことを夢見るようになる。そんな中、第一次世界大戦が起こり―─。素朴派の女流画家セラフィーヌ・ルイと彼女を支え続けた画商ヴェルヘルム・ウーデの心の交流を描いた感動作。

スタッフ

監督

マルタン・プロヴォスト

キャスト

作品データ

  • 2010年8月7日より岩波ホールほか全国にて公開
  • 原題Seraphine
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© TS Productions/France 3 Cinéma/Climax Films/RTBF 2008
ジャンル
感情タグ
page top