『メアリー&マックス』作品情報

2011年4月23日 公開の映画作品

あらすじ

オーストラリアに住む8歳のメアリーは、シェリー酒中毒で万引き常習犯の母親・ベアラと、死んだ鳥で剥製をつくり続ける父親・ノエルと暮らす空想好きの女の子。ある日彼女は、アメリカに住む“誰かさん”に手紙を送ろうと、電話帳からひときわ変わった名前の“マックス・ホロウィッツさん”を選び出す。その“マックス”は、社会に馴染めず、大都会ニューヨークで孤独な日々を送っている中年肥満男。そんなマックスのもとに、一通の手紙が届いて――。監督アダム・エリオットの実体験に基づいた、絆を描くクレイアニメーション。

スタッフ

監督

アダム・エリオット

キャスト

作品データ

  • 2011年4月23日より新宿武蔵野館、シネ・リーブル池袋、川崎チネチッタほか全国にて順次公開
  • 原題MARY AND MAX
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2008 Screen Australia, SBS, Melodrama Pictures Pty Limited, and Film Victoria
ジャンル
感情タグ
page top